CROSS TALK #03

中途入社だからこそわかる北浜のおもしろさ

Interesting aspects of Kitahama that can be understood only because I joined the company mid-career.

TALK MEMBER

トークメンバー

Translator

LYT

知的資産部 知的資産課

2016年入所

翻訳(日中英)

Patent Engineer

岸本 一郎

Ichiro Kishimoto

知的資産部 部長代理

2020年入所

特許技術者

CROSS TALK
CROSS TALK
CROSS TALK
CROSS TALK
TALK SESSION / 01

業界では珍しい? 人の声がする特許事務所

岸本

Lさんに失礼かもしれませんが、ネイティブかと思うほど日本語が流暢ですよね。日本にいらっしゃった理由を聞いてもかまいませんか?

L

流暢……かどうかは自分ではわかりませんが、ありがとうございます。日本に来たのは語学留学のためでした。元々翻訳に興味があって、大学院では法廷通訳を学んでいたんです。

岸本

そうだったんですね。どうして知財業界に?

L

翻訳の仕事を中心に日本で就職活動をしていて、その中の一つが特許事務所だったんです。業界にこだわりは無かったので、採用をきっかけにそのまま知財の世界に入りました。岸本さんもキャリアのスタートは知財ではなかったそうですね。

岸本

はい。元々某企業で開発の仕事をしていました。開発したものは知財部が特許を取ります。それを繰り返しているうちに、だんだんと知財に興味を持ちました。Lさんも北浜が初めてではないので伺いますが、北浜って他の事務所と比べると空気が独特じゃないですか?

L

確かに独特かもしれません。前の事務所はとても静かだったというか、皆さん黙々と自分の業務を進めていらっしゃいました。誰とも会話せずに一日を終えるなんてこともありましたね。

岸本

やっぱりそうですよね。私語が多いとかではないんですが、北浜は静かとは言えないかも。何か困ったことがあるとまず相談する文化があってコミュニケーションが活発なので、そのせいかもしれません。

L

耳栓持っていらっしゃいますよね(笑)

岸本

使うのはどうしても集中したいときだけですよ(笑)

TALK SESSION / 02

万全のチェック体制だから安心して任せられる

岸本

明細書の言葉遣いは独特だと思いますが、翻訳する際に難しいことはありますか?

L

日本語で一番難しいと思うのは「係り受け」が正しく理解できているかですね。翻訳の仕事は弁理士・特許技術者の文章を正確に訳すことです。解釈が間違っていると翻訳時に意味が変わってしまうので、事前に確認することもあります。今は随分わかるようになりましたが、昔は本当に苦労しました。

岸本

もし解釈が違っていても、私たちには正誤の判断が難しい。英語ならまだしも、中国語となるとお手上げなので翻訳さんの存在は本当にありがたいです。翻訳同士でチェックもしてくださってるんですよね。

L

はい。中国語の場合は中国弁理士の鮑さんとチェックしています。私は日英、英日の翻訳も担当しているのですが、その場合は別の英語翻訳担当とダブルチェックを実施します。

岸本

不安な部分はコメント付きで戻してくださるので効率もいいですよね。安心してお任せできます。

L

岸本さんは通常業務に加えて育成チームにも所属されていますね。お忙しいのでは……。

岸本

経験者を中心に採用していますが、中には経験の浅い方や未経験の方もいらっしゃいますし、個々人の成長は事務所の成長につながると考えています。忙しいのは否定しませんが(笑)。所員の成長を感じられた時は育成のやりがいを実感します。

L

ちなみに未経験の場合、弁理士・特許技術者の方が業務を一通りできるようになるにはどのぐらいの年数が必要なんでしょうか?

岸本

一概には言えませんが、最低でも3年は必要かもしれません。

TALK SESSION / 03

こんなに面白い特許事務所は他にない

岸本

Lさんって週に何回在宅勤務してるんでしたっけ?

L

3回です。希望を尊重してくれるので非常に助かっています。

岸本

私も時差出勤を活用して通勤ラッシュから解放されました。男性の育休取得も推進していますし、北浜グループ全体で働きやすい環境にしていこう!という動きがありますよね。働き方だけでなく、北浜グループにはグループとしてこうありたいという考え方もあります。これまでの事務所にはなかったものですが、自分にはとてもあっていると実感しています。

L

私もです。いろいろな業務に関われるのも自分のプラスになっていると思います。翻訳以外にも補助金申請の計画書作成支援をお手伝いしたこともあります。電話で直接お客様と話すのはとても緊張しました。

岸本

特許事務所は特許業務だけ、という固定観念を見事に崩されますよね(笑)。川口さんもおっしゃっていましたが、北浜では、特定のクライアントだけ、出願業務だけと何か一つに絞って業務にあたることはほとんどありません。良い刺激をもらっていて、とても面白い職場だと思います。もし転職を考えていて、複数の特許事務所を受けようと思っている方には、ぜひ候補に北浜を加えていただきたいですね。

OTHER CROSS TALK

他のクロストークを見る

ENTRY

エントリーフォーム

ご応募はエントリーフォームより受け付けております。